FC2ブログ

Profile

mimmi

Author:mimmi
ミラノに住むトイプードルのアポロ(ファントムカラー)とクロエ(ブルーマール)の毎日。
新入りのレア(ファントムカラー)も増え、日常のヒトコマを綴っています。
ほぼ毎日の記録簿。インスタの画像もアップ中。

Calendar

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Apollo&Chloe&Rhea


Apollo ♂ 3.2kg(のはずが4.2kg)
2008年4月24日イタリア生まれ
名前はギリシャ神話の音楽、美の神から頂きました。
ドイツ生まれのパパ&ママから生まれたファントムカラーの男の子
甘えん坊でヘタレ、ママッ子
クロエちゃんが来てからは良い兄ちゃん。
いつか立派な伊達男になれることを夢見ている中年オトコ。

2010年に細菌による脳炎髄膜炎を発症し生死を彷徨う。
その後元気になってくれたものの、左目が殆ど見えず、 薬の副作用で円形ハゲが。
また高カロリーな食事の影響でオデブに。
病気による後遺症として時々癲癇があるけど、負けないぞ。

シニアライフ、ゆっくりだたらだら、美味しく楽しく過ごしています。

chloe.jpg
Chloé ♀ 2.7kg(のはずが3.5kg)
2011年1月28日。日本生まれ
ブルーマールの女の子
名前はギリシャ神話の緑の大地の神から頂きました。
食欲旺盛、天真爛漫、甘えん坊、兄ちゃん大好き

アメリカ生まれ、オーストラリア育ちのパパと日本のママとのハーフ?
食欲旺盛で鉄の胃を持つオンナノコ。
見た目とは裏腹に、あまりの爆発ぶりに怪獣クロエゴンの異名を持つ。
人懐こい末っ子気質。
我が家のお笑い担当。
そしてうちのオデブキャラ。
2016年に子宮蓄膿症で手術
今年はダイエットをして素敵なレディになるのよ~♪



Rhea ♀ 2.2kg
2018年1月16日。イタリア生まれ
ファントムの女の子
名前はギリシャ大地の神から頂きました。
アポロと同じ血統のファントムカラーの女の子
独特なキャラに一目惚れ。
まだまだ子供だけど
じぃじには忙しない子やガリ子(ガリガリだから)
と呼ばれ、へっぽこ警備隊の研修生
よく走り、よく吠え、よく遊ぶ。
運動神経はピカイチ
おしとやかさ皆無
いつかレディになれるのかしら。。

Apollo&Chloe&Rhea

Instagram

Category

Article

Comments

Archive

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。

レアっこさんを無事に日本に連れて帰り、
もじゃっこさんとも再会を果たし、日本生活にもちょっと慣れてきました。

いやー、日本は本当に美味しい&便利&早い&安心。。

イタリアでは1年ちょいかかった住民登録だって30分ほどで手続き終わったし、
健康保険だってもらえるのに数年かかったけど、10分くらいで処理終わったし
お役所さんの仕事の速さにはビックリです。

もじゃっこさんの畜犬登録もしてきましたよ!
1匹3000円もかかってちょっとビックラしたけども
これで我が家3匹分、犬マークいただきました♪

お昼の時間を外しても、食べ物がある幸せ♪
コンビニがいたるとこにあって、喉が渇いても焦らない幸せ。

何よりもやっぱり生まれ育った田舎の環境は
私にも犬たちにも合っているようで、もじゃっこさんたち、毎日楽しそうで。。。
イタリア生活に未練タラタラになるかなーとおもったけども、
今の所、イタリアを思い出すことなく(笑)日本が楽しい毎日を過ごしてます♪


帰国前はイタリアあるある(本当にあるかな?)なトラブルに見舞われ、
帰国早々私が風邪をひいてしまい、
おまけに時差ボケ、アポ様孝行、

新居の手続きや準備などでバタバタしてなかなか更新できませんでしたが
ちょこちょこイタリア生活最後の部分や、レアッチの飛行機の様子、
帰国後の様子なども記事にして残しておこうかなと思います。


ブログタイトルなども、from Italy じゃなくなったのですが、
そのうち、次のプランが見えてきたら変えていこうかと思います!

スポンサーサイト

うちのレアさん。

あぽくろが日本に滞在しているため、
末っ子が急に一人っ子になっちゃいました。

今まであぽやくーさんの真似(笑)をしていたのが、
見本になる人がいなくて、1ヶ月ほどは苦労しました。

お留守番は寂しすぎて、あおーーーんて泣いてるし、
お留守番て言葉を聞くとカタカタ震えだすし。。

しかし、何度か(心を鬼にして)お留守番も練習し、
嫌だけど、頑張って待てるようになりました。


(1回目のおする番はずーっとピーピー泣いて、寝てなくて
かなり心配しましたが、3回目くらいから慣れてきて、時々あおーん。て泣くくらい)


が、しかし、ここ2週間ほど、
私の発する言葉をよく理解するようになりました。

やはり、一人と1匹だと話しかけることも多いし、
耳を傾けることも多いので、コミュニケーションが成り立つようになるのかしら。。


最近では、
おでかけ、おさんぽ、だっこ、マテ(歩いてるときに止めるため)、
いくよ、クンクン、チッチ、頑張れる?、ネンネ などなど

私が言う言葉で反応が変わるので面白いです。


また、食事に行くときも一緒に連れて行くことが多いのですが、
ニンゲンが食事中は椅子の下で寝て待てるように。。

もともと我が家の犬らしくないほど食に興味がなくて
オヤツもご飯もお気に入りしか食べない、しかも2日同じのが続くと食べない。など
ちょっとめんどくさ子さん。

めんどくさこさんが一番嫌なのは、一人ぼっち らしく、
一人じゃなかったらいい子で待てるらしいです。


この調子で飛行機も頑張ってほしいな。。

4ヶ月ぶりのあぽとの再会、
2ヶ月ぶりのクロエとの再会、
喜んでくれるといいな。。。


日本出発まであと1週間。。。


我が家3月半ばに日本へ帰国します。

現在こちらのアパートの退去、荷物の整理、
職場への退職、友達に挨拶うんぬんでバタバタしておりますが、

やっとやっと飛行機のチケットを取りました。
(出発2週間前です。爆)

レアさんの入国待機期間180日が切れるその日に入国予定です。

今回はfinnairにて予約。

初めての航空会社ですが、使った人は良かったよ!ってゆってたのと
飛行機代、超過荷物、ペット代がお安い。。。


まず、チケットを取ると23kgの荷物2つ預けることができます。
そして追加60ユーロで3個まで追加可能(つまり合計5個とか。。)。
(3個以上はコールセンターに連絡すればできるみたい)

我が家はスノボのセットなどがあり、送るか運ぶか悩んでおり、
荷物合計3個で申請。

そしてペットのリクエストもオンラインでできちゃいます。

しかし、1回目の申請はキャリーバックの大きさがオーバーしてたため却下され、
コールセンターに電話して、スペイン人の担当者と
英語で(笑)
ワタシニホンスキナノヨー。スシオイシイヨネー
など、関係ない話をしながら手続き。。

ミラノニイッタラアナタニアイタイワーなんて言われながら
終始フレンドリーな感じで、ペットの申請を行いました。

(まだコンファームのメール待ちですが。。)


イタリア系A 社、オランダ系K社、ドイツ系L 社で散々悩み、
悩んでいるうちにチケットが高騰し、1500ユーロとかに。

結局、finnairでは1000€で超過荷物、ペット代、
足元の広いシート代へのサーチャージがまかなえました。

さて、無事にコンファームくるかな。

ペット連れで飛行機乗るのは最後になるかな。

ちょっとドキドキですが、楽しみです。


ヘルシンキの空港でくーさんにむーみんのぬいぐるみ買う時間あるかなー(笑




現在、私はミラノ。

アポクロは日本の父のところで面倒見てもらっています。

今回色々な事情により3月に日本へ完全帰国することを決め、
2匹をもう一度ミラノへ連れてきて日本へ帰るか非常に悩んだのですが、

日本の獣医さんが、
「てんかんもってて10歳の子をもう飛行機に乗せない方がいい」
という一言で日本へ置いてくることにしました。

幸いにもアポロは実家にも実家の父にもものすごく懐いていて、
毎日本当に楽しそうに過ごしてるし、薬さえ飲めばてんかんもここ数年起こしていないし。。
IMG_9757.jpg


クロエさんだけミラノに連れて戻るかも悩みました。

最後の最後まで悩みましたが、クロエさんは私と一緒というより、
アポロと一緒という方が落ち着くらしいです。

小さい頃からアポロのことみて育ってきたから仕方ないんだけども、
アポロがいると精神安定剤のように過ごしているので、
(父は)大変だけど2匹を父に預けてきました
(毎日、1日中こんな感じらしいです)
IMG_9500.jpg


ミラノに戻り、手を焼いたのがレアさん。

今までひとりぼっちというシチュエーションになったことがないため
お留守番も数日は大変でした。
(バックを出すと中に入って連れて行ってもらう作戦)
IMG_9613.jpg

子犬なので順応性が高く、今はだいぶなれましたが、
やはり兄弟犬と育った子たちは一人という環境は馴染まないようです。
(一人だと何していいかわからないヒト)
IMG_9732.jpg


そして一番困ったのが私。
もうアポロに会いたくて会いたくて。。。

毎日今まで撮った写真やビデオ、父に様子を伺い、
もう早く会いたくて会いたくて仕方ありません。

現在こちらで待機しているのは、レアさんの検疫の待機期間のため。

日本に入国するには血清検査をして180日待機しないといけないので、
その待機期間が完了する日に入国予定です。

2月に一度私だけで帰国しようかと思ったのですが、
仕事の都合でがっつり休みが取れず。。。


あと1ヶ月ちょっとですが、
レアさんの成長をじっくり観察しようとおもいます。
(相変わらずビビリンさんですが。。)
IMG_9658.jpg


遊んでる途中で勝手に帽子をかぶってしまってこんな表情で見つめられ、
大笑いすることもしばしば。
IMG_9785.jpg


1ヶ月でアパートの荷物の整理、
契約関係の解約(電気、ガス、ネットなど)

やることいっぱいでバタバタですが、
日本帰国に向けてもう少し頑張ります。


あぁ、早くアポクロにあいたいなぁ。。。。(涙


ブログをまたまた放置気味でしたが色々まとめて記録しておこうと思います。

まず、レアさん、生後11ヶ月3日目にして初ヒートがきました。
これはびっくり。
体重もあれから増えず、2.2kg/2.3kgをうろうろしているので、
1歳3ヶ月目くらいで来るのかなーと思ってたのに。。。。

しかも今私が日本でお友達の家に預けてる最中で、
もうお気の毒で仕方ない。。。

とりあえず無事に終わりますように。。。(祈



そして現在、イタリア→日本の往復2回目。

1回目にアポロを連れて行き、
2回目にクロエを連れて行き、
2匹で実家滞在中です。

アポロ連れの際はルフトハンザを利用。

ルフトハンザはペットには優しい航空会社でした。
そしてペット代金が安い!75€だったかな?
ただ残念なのが、座席の下が狭い。
座席の下に救命胴衣?のボックスがついていて、
高さ15センチほど、キャリーバックがはいりません。
かといって自分の荷物もあまり入らず、(靴がおけるくらい)
オーバーブッキングだったのもあり満席で、
往路はかなり狭い思いをしました。


次クロエを連れて着たときはエールフランスを利用。

もうこれが最悪な体験で、できればもうエールフランスは利用したくないです。

まず、ペット連れでも普通のお客さんと同じ対応。
(特別対応を望んでる訳ではないのですが、席も選べず、席をどうするかとかの案内はなし)

今回のエールフランスは運が悪いとしか言いようがないのかもしれませんが、

まず前日の夜にミラノリナーテ→パリのフライトキャンセルの連絡がはいりました。

代わりの便を探して連絡しますとのことで、待機してまして、
代わりの便として予約されたのがKLM。

気になってコールセンターにペット連れで予約できているか電話をしたところ、
通常48時間前にリクエストしないとだめで、
現時点でペットの分はコンファームされていないと。

この場合エールフランスはコンファームされているので、
このままエールフランスで飛んだ方が無難だとの提案だったので
朝7時発マルペンサの便に変えてもらいました。

朝7時マルペンサ発だと、家出るのは朝の4時。
タクシー片道95ユーロ。

でももうどうしようもないので従うしかありません。

で、空港へ着き、無事チェックインを済ませ
(チェックインでペット連れでかなり嫌そうな対応でした)

搭乗口で飛行機に乗り込もうとすると、
ペットのバックがあるので、機内持ち込みのキャリーバックは持ち込めません。
預けてください。と。

理不尽な!と思いましたが、仕方ない。

クロエの入ったバックとお財布とパスポートが入った小さいバックを持ち、
いざというときのトイレシーツや、変えタオル、ティッシュ類、
くーさんのオヤツ、私の機内で使おうとおもってた色々グッズが入った
バックを預けて乗りました。

しかも中にいれてたパソコンは手で持っていけというので、手持ち。
バックに入ってないパソコンを手で持って歩くのは非常に疲れる。。

更にミラノ→パリでくーさんは酔ってゲロゲロ。。

パリに着いてとりあえず出国審査を済ませてトイレでバックを綺麗にしてあげようと思ったけど
出国審査が窓口2つしか空いてなくて激混み。
クリスマス前の人の出入りが多い時期にびっくり。

よって出国審査に2時間半待ち。
くーさんはもう調子悪くてぐったりするし、
5kgほどのキャリーバック、2キロほどあるパソコン(裸で持ちにくい)、お財布などのバック
を持ち歩きもう肩が抜けそうなほど痛い。

しかも乗り継ぎ待機時間が5時間以上あって、
この荷物とくーさんバックを持っての移動が時間を追うごとに拷問のよう。。

結局乗り継ぎが5時間以上あっても、
出国審査して、トイレにいって、搭乗ゲートまで移動するのにこれくらいかかりました。
(待ち時間30分ほど。。トホホ)
もちろんかわいいお菓子が売ってる免税店なんて寄る時間もなかった。。

幸いにも大阪行きの便が出る頃にはくーさんは落ち着いてくれたのですが、
ご飯も食べれず(持ってない)、水も飲めず(吐くと辛いから)
体も十分に拭いてあげられなくて(グッズが無い)

過去最悪の旅行でした。


ミラノ→パリが満席だから、機内持ち込みの荷物の制限をするのはわかるけど
ミラノ→パリだけの客でスーツケース+リュックの人とかいっぱいいたのに
私だけキャリーバックを預けさせられるなんて嫌がらせとしか思えず、
犬の代金を別に払ってるのに、普通のサービスすら受けることができずに
その後の工程が苦痛になったのは間違い無いので、もう鼻息荒く関空に到着しました。


エールフランスに乗ってよかったと思ったのは
機内ビデオのフランス語が可愛かったのと枕が可愛かったくらいで、
人為的サービスは評価ゼロです。。残念ながら。


やっぱり次帰るときは面倒でも成田経由でアリタリアにしようかな。と。
アリタリア、評判は色々ですが、
ミラノ→成田の直行便があるのと(キャンセルでドタバタしない)
あとやはりペット代金高くても、
ペット連れにはそれなりのサービスがあるので、移動も気分的にも楽です。


という訳で色々ありましたが、
くーさんは実家につくなり一気に元気になりまして、
今はアポさんのご飯やオヤツをカツアゲし、
アポがじーちゃんの膝に乗ろうとすると横取りし、
毎日キラキラ輝いております(爆


日本には1月半ばまで滞在し、
我が家は来年の春に日本に完全帰国します。

(レアさんは検疫の待機期間のためまだ日本に入ることができないのです)

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。